めブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連休後の連休

<<   作成日時 : 2016/05/09 22:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

世間がゴールデンウィークと称して連休で遊んでいた最中、
私はずっと現場でした。

で、現場が終わったタイミングで連休になったので、家内に

「日月と休みになったよ。」

とメールしたところ、

即座に

「宿取ったから。」

と、返事が。

宿だけ取られても困ってしまうので、さてどうしたものかと考えたり考えなかったり。
どうやら、取った宿は伊豆熱海の下、網代温泉という所らしい。

伊豆かぁ...もう少し走れば湘南だなぁ...
湘南?あ、江ノ島でシラス丼を食べよう!

と言う事で、江ノ島から伊豆へというルートに決定。

多分連休最後の日曜日と言う事で、関東圏からも近い湘南エリアの事、
大いに賑わうことが容易に予想できます。
多分お店が開くのは10時だろう。ということは、それ以前につかないと面倒なことになるな。
いや、もう少し前でも良いくらいだ。

という事で、朝の5時に自宅を出発。

Yahooカーナビにに従い、新東名を長泉沼津ICで降り、伊豆縦貫道へ。
今度は三島塚原ICを左へ曲がり、箱根の峠道へ。
峠道を初心者マークにあるまじきペースで走り抜け、西湘バイパスへ。
そのままR134に入り、やってきました江ノ島。

画像


って、なんでこんなところの写真を撮ったんでしょうかね(苦笑
我ながら自己嫌悪に陥ります。

着いた時間はなんと9時半前(笑。
車内で家内がネットで検索して選んだお店が開くのは11時から。
さて、1時間半も何しよう(汗

とりあえず、駐車場へ車を停め、お店の様子を見に行くことに。

今回選んだのはしらす問屋とびっちょ本店
ここは昨年横浜に打ち合わせに行った際、帰りに寄りたかったのですが
余りの人に圧倒されて寄れなかったお店。

行ってみると、開店準備中でした。

画像


よく見ると、回転すし店などにおいてある端末のようなものが傍らに置いてあります。
なるほど、これで順番を取れるという事のようですね。
早速番号札を取り、時間つぶしに散策に出ることにします。

弁天様の仲見世通りをぶらぶらしながら、あっちを見たり、こっちを見たり。

画像


今度は戻ってきて海を眺めてみたり。
江ノ島より鎌倉方面を望む

画像


中ほどにスタンドアップパドルに興じる人がいますね。
こっちでは海洋学校の生徒たちでしょうか、カッターボートの実習が。

画像


後ろを見れば、繁みの後ろに展望台が見えます。
それにしても良い天気ですね。

画像


そうこうしているうちに11時も間近。お店の前まで移動!
番号が呼ばれて、案内されたのは2階の席。

画像


OSBむき出しのなんとも簡素な部屋...というよりも通路にテーブルと椅子を置いた感じの席。
まぁ、美味しければいいんですよ、美味しければ。

漸くありつけたお昼ご飯はこちら。
画像


釜揚げシラスと生シラスの2色丼。

実は、以前に某回転寿司屋で生シラスを食べたことがあるのですが、
これが魚臭いわ苦味は強いわで、それ以来生シラスってちょっと避けていたんですね。
でも、せっかくの産地ですし、それはそれで食べないのはもったいない...
で、釜揚げと半分ずつにしてみました。
ここに、生卵にポン酢を溶いて回しかけ、シラスの下のサラダと一緒にかき込みます。

ッんまい!

ここの特徴は、そのシラスの鮮度もさることながら、ご飯が酢飯なんです。
これがほんのりと苦みのあるシラスにベストマッチ!
トロトロプリプリとした食感に、甘みの奥に感じるかすかな苦み。
生シラスがこんなに旨いとは思いませんでした。
おかげで、釜揚げがちょっと臭く感じるほど。
いや、釜揚げ単品で食べれば、これはこれでおいしいんですよ。
むしろ、それだけでも良いくらい。
でも、生シラスを食べた後では、ちょっとね...というくらい、生シラスがおいしかったです。
生シラスの嫌いな私が美味しいというくらいです。人気店になるのも「さもありなん」と言った所ですね。

シラス丼で満腹になった後は、近場の有名な場所つながりで鎌倉の大仏を見に行くことに。
グーグル先生によると、海沿いの道から入るルートは駐車場前で大混雑のようですので、
ここは山側を選択。

大した混雑もなく、おばちゃんが管理している駐車場へ停めて出発です。
本来は参道前に駐車場があるのですが、このシーズンは観光客が多いのでしょう、
大型車のみとなっており、乗用車は駐車不可となっていました。
参道へ入るとすぐに見えてくる山門。
阿吽の金剛力士像がありますね。

画像


山門をくぐると奥にもう一つの門が。
その門の上からは...
画像


その門の横で拝観料を払い中へ入ると、見えてきました、大仏様です。
画像


近寄ってみましょう。

画像


いや〜、さすがに大仏、大きいですね。
この後、裏から大仏の中に入って中も見物してきました。
大きな鋳物であることや、一度では鋳造できないので何度も継ぎ足し継ぎ足し鋳造しているのですが、
その継ぎ目に凝らされた技法も3種類あり、それが場所により使い分けられているなど、なかなか興味深いものがありました。

さて、この辺りでいい時間となってきましたので、宿へと移動しましょう。
今回の宿はこちら。

網代温泉 松風苑

もともとは日本赤十字創始者で初代社長の佐野常民伯爵の別荘に由来するそうで、
その4000坪を誇る庭園が売りの一つだそうです。
また、この庭園は戦後映画のロケにも使われたそうで、
その映画より、蜂の巣庭園とも呼ばれているとか。

正面ロータリーはこんなたたずまい。
画像


銅葺き屋根に吹いた緑青が年代を感じさせます。

チェックインすると、ロビーの奥にご自慢の庭園が見えてきます。
画像


ロビーから見えるこの池は、庭園のほんの一部。
この赤い橋を渡って庭園へと入っていきます。

画像


庭園中ほどよりロビーのある建物を望む
画像


建物の中はそれなりに手が加えられてはいますが、
こうしてみると、屋根上部のコンクリート部分など、時代の流れは隠せません。

庭園の中はこんな感じ。

画像


右のダイダイの樹に実がなっているのが見えます。

こちらはミズバショウ...かと思いましたが、なんか違うと思い、調べてみるとカラーという花だそうで。
一応、ミズバショウと同じサトイモ科。なるほど、似ている訳です。

画像


庭園の横を見ると、東館とつながった離れ小屋が。
これは別料金で設定されている貸切風呂。

画像


こういうのも風情があってよいものですね。
私は入りませんでしたが(笑

庭園の奥には立ち入り禁止ロープ、さらに奥にこんな建物が。

画像


「蜂の巣温」という文字がうっすらと確認できるところを見ると、
源泉を汲み出す機械小屋か何かでしょうか。
現役のようで、中からモーター音が響いておりました。

庭園という事で、開けた庭園を想像していたのですが、実際は宿の裏山の一部に作られており、庭園の散策というよりも山歩きといった印象の方が強かったです。

さて、そんなこんなで汗をかいた後は温泉で汗を流し、
お楽しみの夕食の時間です。

出てきたのはこんな料理たち。

画像


左手の火がついているのは牛肉の鉄板焼き。
ごまだれで頂きます。
その隣の青いお皿がアワビの蒸し物。
蒸すのに温泉水で蒸しあげているそうで、とても柔らかく苦みのある肝もほとんど癖がなくおいしく食べられました。
お刺身のマグロも、赤身にも関わらず口の中でとろける食感。
非常においしかったです。

続いて出てきたのはこちら。

画像


左のお肉は先ほどの蓋を取ったもの。
その隣の黄色いものは里芋の蒸し物、角皿はイセエビの蒸し物。
手前がしんじょとオクラの天ぷら。こちらは抹茶塩で頂きました。
これらにご飯とお吸い物、デザートにメロンまで頂いて、ごちそうさまとなりました。

お酒類もほどほどに、翌朝目覚めるとどんよりとした天気。
前日仲居さんからアカオハーブ&ローズガーデンがおすすめと聞いていたのですが、
場合によっては雨がという事で、変更することに。

朝食を食べて外に出てみると、こんな様子。

画像


真ん中あたりに電柱があるのですが、その電線のあたりが水平線になります。
天気がいいと、青い空との対比がきれいに見えるのでしょうけど、この曇天ではどうしようもないですね。

まぁ、せっかく熱海まで来ていますので、ここは樹齢2000年を越すといわれる大楠で有名な、
来宮(きのみや)神社に行ってみる事に。

画像


とても鬱蒼とした感じの参道ですが、そう長くはないようです。
奥に社殿が見えますね。

その参道を抜けると、これまた屋根の銅板がいい感じに緑青に覆われた本殿が現れました。

画像


お賽銭を投げてお参りを。

横にある建物には、こんな御神輿が。

画像


お参りが済んだところで、本命の大楠へ。

本殿の横の通路を抜けて...

画像


正面に見えるのが大楠。

どれくらい大きいのか回ってみましょう。

画像


正面側に立っている人との大きさがわかりますでしょうか?

さらに裏へ回ってみましょう。

画像


右側半分は立ち枯れてしまったのでしょうか、切られて鉄板か銅板のようなもので蓋がしてありました。

画像


半分枯れてもまだ生き続けるこの生命力、やはり自然は偉大です。

戻ってきて本殿の境内、横手にはこんなモダンな建物が。

画像


入ってみましょう。

画像


中は社務所になっていました。
各種お守りなどもここにあります。

脇にある板は何でしょう?何か書いてありますね。

画像


ほー。
鹿児島には負けるけど、本州ではNo.1だそうです。
ところで、佐賀県武雄市「他」の21mってなんでしょうね。
よくよく考えると、とっても奇妙な表記に思えるのは私だけでしょうか?

こちらの片隅にも、前出のものとは違いますが御神輿が展示してあります。

画像


こちらの方がきらびやかですね。

また、この社務所の建物は茶店も併設しいるという事で、ちょっと寄ってみました。
来福スウィーツ?

画像


神社に由来のある食材でご当地スウィーツを作ってみたという事のようです。

他にはこんなものも。

画像


余り神社には似つかわしくない物のような感じですが、木の優しくもすがすがしい香りで、
これはこれでアリかな。と思わせるところもあったりなかったり(苦笑

最後に参道脇を見てみると第二大楠なるものが。

画像


第二とは言え、こちらもなかなかのもので、そんじょそこらの楠とはわけが違うようです。
外側へ回ってみてもこんな感じで、

画像


立派と言えば立派なんですが、鬱蒼としすぎて何が何だかよくわからないところもあったり(笑。

帰りは伊豆縦貫道から再び長泉沼津から高速の人へ。

帰りにNEOPASA静岡へ立ち寄ることに。

画像


こちらは「STRICT-G」という、ガンダムをモチーフにしたアパレルショップ。
スーツに合わせるネクタイやMA-1などの衣料のほかに、
クシタニのライダーグローブ(もちろんジオンor連邦仕様)なんかもありました。

お昼ご飯はこちらで静岡茶に富士宮やきそば。

画像


久しぶりに頂きましたが、肉かすがいい味出してました。
やっぱり美味いですね、これも。

奥の方にはこんな物も。

画像


割と新しいところですが、トミカがずらり。
特に気を引かれるものはなかったですが、アヴェンタドールのドバイ警察仕様がちょっとクスッと来ました。

で、静岡と言えば、やはりヤマハ...ではなくて田宮(笑

画像


タミヤTシャツ目白押しです。

もちろんこんなものもありましたよ。

画像


最近再びブームになっているようですね、ミニ四駆。
チューニング用モーターなどまで売られているのには、ちょっとびっくりました。

再び高速へ戻り、豊田東インターで高速を降り自宅近くでちょっと寄り道。

この5/8にオープンしたストレート豊田店。

画像


今までアストロプロダクツを含め、この手の工具屋さんがこの地区にはなかったので、これは非常にうれしい出来事でした。
一通り店内を眺め、内装はずし様にT25のドライバーと安売りのパーツクリーナーを買い込み、
オープン記念品の吸水タオルを頂いて帰りました。

たった2日間でしたが、まぁそれなりに内容の濃い時間が過ごせたかな?と思っています。
それほど疲れず、ゆっくりと遊んでこられたのは何よりでした。

さ、明日からまた仕事だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



サイト内検索 Powered by Google



連休後の連休 めブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる